社長からのメッセージ MESSAGE From CEO社長からのメッセージ MESSAGE From CEO
ロイヤルグループで「チャレンジする楽しさ」を知ってほしいロイヤルグループで「チャレンジする楽しさ」を知ってほしい
人を育てることが、社会の成長につながる人を育てることが、社会の成長につながる

そんな想いのもと、ロイヤルグループが社員教育に力を入れはじめたのは、今から約20年前。
今でこそ、さまざまな研修や新人社員のフォロー制度など、充実した社員教育が会社の強みになりましたが、その成果を手応えとして感じるまでに、長い年月がかかりました。

私自身が、社員教育の整備に力を入れていく中で学んだのは、「教育とは、急がば回れ」ということ。
研修や講習で学んだことが現場まで浸透するには時間が必要だと考え、粘り強く社員教育に取り組み続けました。ときには、思うような成果が上がらず、歯がゆい思いをしたこともあります。

しかし、「企業として、正しいことをやっている」という確信が、社員一人ひとりの能力向上、そして組織としての業績向上といった、「今」につながっていると考えています。

「自立した社員」を育てる「自立した社員」を育てる

では、そのような教育を通じて、社員にどのような存在になってほしいのか?
それは、上司や社会のために働くのではなく、常にお客様のことを最優先に考えて働く、「自立した社員」。
私たちの仕事は、お客様の満足なしに成立はしません。
社員それぞれがお客様の満足につながるサービスのあり方を考え、実行することこそが、お客様のため、ひいてはロイヤルグループが成長するために重要なことなのです。

そのために私が重視していることが、店長をはじめとした社員への、徹底した権限委譲。
たとえば店長なら、一人ひとりが「自分の店」という意識を持って、お客様と向き合うため、予算の運用を含め、店舗の運営全般を任せています。このような権限委譲には、社員にビジネスの楽しさを知ってもらいたいという想いも込められています。

私自身の経験でもありますが、ビジネスは、一定の責任やリスクがあるからこそ面白い。
受け身の姿勢ではなく、失敗してもいいから新しいチャレンジをすることが大切なのです。
世の中の成功者と呼ばれる人たちの多くは、たくさんのチャレンジと失敗を経験しています。
社員にそのようなチャレンジの楽しさと失敗の経験、そして何よりも成功の喜びを知ってほしいからこそ、徹底した権限委譲を行い、ノウハウや知識を授けるための社員教育にも力を入れているのです。

リスクをポジティブに捉えることリスクをポジティブに捉えること

現在のロイヤルグループには、自らが考えたアイデアの数々を、責任を持って実行できる自立した社員が多く集まっています。最近では、新しい店舗の立ち上げも社員主導で行っており、非常に頼もしい限りです。社員それぞれが生き生きと力を発揮できる、風通しのよい自由闊達な空気がロイヤルグループにはあふれています。

責任やリスクをポジティブに捉えることができれば、社会人生活はきっと楽しいものになることを、就職活動中の皆さまにはお伝えしたいですね。
私自身、学生時代と現在、どちらが楽しいかと聞かれたら、迷うことなく「今が楽しい」と答えます。

現在、私たちが目標として掲げているのは、年商1000億円の達成。そのためには、チャレンジ精神にあふれ、ロイヤルグループの風土に共感してくれる人材をさらに充実させていくことが必要です。「やりたいことが分からない」という方も多いとは思いますが、「やってみなければ分からない」こともたくさんあります。自分の仕事に責任を持って、チャレンジすることの楽しさを味わってみたい方は、ぜひ私たちと一緒に成長していきましょう!

研修・制度 SYSTEM
採用の流れ TO ADOPT
先輩社員からのメッセージ MESSAGE From senior先輩社員からのメッセージ MESSAGE From senior

中垣 仁志

2014年度入社

営業部 パチンコセクション
キング666東海店 スタッフ

若手社員 Interview
「 誰とどんな想いで働き、何を成し遂げるのか 」
それが私の原動力

「自分のやりたいことって、なんだろう?」と考え続けていた就活当時。

合同説明会で出会ったロイヤルグループの「何をするかで仕事を選ぶのではなく、誰とどんな想いで働き、何を成し遂げるのか」という言葉は、私の仕事に対する視点を大きく変えるきっかけとなりました。

ユーザーとしてパチンコで遊んだことはあったものの、就職先として考えていなかった私は、最初はこの業界に就職することに少し抵抗がありました。

しかし、選考を通じてロイヤルグループの社員の人たちの人柄を知り、「誰とどんな想いで働くのか」という言葉と真剣に向き合ってみたいと思ったんです。
ロイヤルグループのよさは、入社して間もない私でも、いろいろな業務を任せてくれること。

若手の私でも、早くからやりがいと責任を持って働くことができること。
店舗のアルバイトスタッフと一丸となり、成果を上げたときの達成感は特別なものです。

お客様一人ひとりに合わせた
接客は誰にも負けない自信がある

普段は8時から16時までの間、早番帯の責任者として、店舗のすべての業務を任せてもらっています。
店内では、ホール業務やカウンターでの景品交換、トラブルやクレーム対応といった接客全般、事務所では、業者様への業務依頼やアルバイトスタッフの育成計画の作成なども行っています。

私が店舗でもっとも大切にしていることは、お客様とのコミュニケーション。
今ではホールで私と目が合うと、必ず話をしに駆け寄ってきてくださるお客様や、手招きして呼んでくださるお客様もいらっしゃいます。なにげない会話でも、私にとってはかけがえのないものです。

お客様のお気に入りのたばこの銘柄はなにか、おしぼりの交換はいつごろがちょうどいいのかなど、細かい気配りも自然と身につくようになりました。

お客様一人ひとりに合わせた接客は、誰にも負けない自信があります。

1日のタイムスケジュール
08:00 出勤―
朝礼ミーティング
開店準備
17:00 バディシステム
新卒へのフィードバック
09:00 店舗オープン
ホール業務
デスクワーク
18:00 退勤
12:00 休憩    
13:00 委員会取組
接客指導、5S活動
   
16:00 採用プロジェクト
会議参加
   

石黒 雄一朗

2012年度入社

営業部 レジャーセクション
イーグルボウル
アシスタントチーフ

中堅社員 Interview
お客様のためであればどんな意見でも言える

入社1年目でも、自分が考えたイベントを思いっきりやらせてくれる場所。

私がレジャーセクションのイーグルボウルで働きはじめてから、もうすぐ6年がたちますが、入社当時から感じている自己成長を支える風土は、ロイヤルグループの大きな魅力だと思います。

新入社員というと、「やりたい仕事ができない」「責任のある仕事を任せてもらえない」といったイメージを持たれる人が多いかもしれません。
しかし、実際に私はロイヤルグループで、入社1年目に基本をしっかりと学び、着実にこなしていく中で、同期とともにイベントを企画し、そこで成果を上げ、大きな達成感を得ることができました。

今では、店舗にて、イベントや大会運営の責任者を任せてもらっています。

お客様が喜んでくださるイベントとは何か、ということを常に思考しながら、自分自身とロイヤルグループの成長を目指し、日々勉強しています。

お客様のためであれば、役職関係なしに、どんな意見でも言える

私が仕事の中で大切にしているのは、誰にでも自分の意見を述べること。そして、楽な道に逃げるのではなく、苦しくても立ち向かっていくこと。高校時代、野球部のキャプテンとして2度の甲子園出場を経験し、学んだことです。
へこたれない、動じない、責任感やプレッシャーに負けないという気持ちには自信があります。

そして現在は、組織を引っ張っていく現場のリーダーとして、後輩社員やアルバイトスタッフを指導する立場になりました。
誰かに業務を伝えたり、注意したりするときは 、自分の発言が口だけにならないように、慢心することなく、まずは自分がしっかりできる人間でないといけません。
また、全員にきちんと同じ動きをしてもらうために、相手の目線に合わせた伝え方を心がけています。

もちろん、その時間帯の責任者は私なので、後輩社員やアルバイトスタッフに業務を任せると同時に、ダメなことはダメと伝えますし、できないことはフォローも行います。

1日のタイムスケジュール
9:00 出勤―
朝礼ミーティング
フロア業務
16:00 スタッフ面談
11:00 店舗改善提案 17:00 業績会議
12:00 休憩 19:00 退勤
13:00 大会運営・参加    
14:00 次回大会の企画・立案    

佐野 吉香

2010年度入社

業務部 商品管理・分析課
カウンター統括副主任
カウンター業務向上委員会 委員長

女性社員 Interview
社員にやる気があればどんどん
新しい仕事を任せてもらえる

商品管理・分析課の大きな役割とは、各セクションの商品の売上や在庫数の管理・分析を通じて、ロイヤルグループの業績向上に貢献すること。

たとえばパチンコセクションでは、カウンターの景品の在庫数を正確に把握し、過不足が出ないように調整する。
また、売上を細かく集計し、どの景品カテゴリーが伸びているのか、どの景品カテゴリーに力を入れるべきかなどの分析も行います。
レジャーセクションのイーグルボウルでは、ボウリング場に併設されているボウリンググッズ専門店(プロショップ)の商品管理・運営がおもな業務です。

業務の中で楽しさを感じるのは、自分が仕入れた商品をお客様が購入してくださり、喜んでいただけた瞬間など、努力の成果が目に見える形として実感できたとき。

そんなときは思わず「よっしゃ!」とガッツポーズしてしまうような喜びがあります。

新しい部署だからこそ味わえるやりがいと楽しさ

もともと私は、パチンコセクションの社員として働いていたのですが、当時はまだカウンター商品の管理や分析を専門的に行う部署はありませんでした。
お客様により良いサービスを提供するためにも、そのような専門的な部署の必要性を強く感じていました。

しかし、専門的な分野と現場の業務を並行して取り組むには、あまりにもやるべき仕事がたくさんあり、大苦戦……。
ただ、取り組んでみると、すぐに効果として現れるのがこの分野の面白さでもあり、私のやりがいでもありました。

そんなある日、上司が「専門的な部署を専任で君がやってみるといい」と背中を押してくれたんです。社員にやる気があればどんどん新しい仕事を任せてくれる、ロイヤルグループの懐の広さを感じました。
「やるからには絶対、結果を残さなければ!」というプレッシャーも感じましたが、新しい部署で最大限のパワーを発揮し、お客様のため、現場の仲間のために、専門的な分野に打ち込むことを決心しました。

1日のタイムスケジュール
9:00 出勤―
カウンター・プロショップ
データ確認
15:00 委員会・部会取組
(進捗確認・マニュアルの作成など)
10:00 景品業者様と商談 17:00 イベント企画考案
11:00 臨店―
売り場・接客対応確認など
19:00 退勤
12:00 臨店店舗カウンター
担当社員とランチ
   
13:00 社員・スタッフ指導    
       

平山 翔悟

2011年度入社

営業部 パチンコセクション
ロイヤル555郡上店 店舗責任者
アシスタントマネージャー
管理業務向上委員会 委員長
8つの部会 統括責任者

店舗責任者 Interview
ゼロから創り上げる楽しさを
ロイヤルグループで実感してほしい

仕事において、ゼロから創り上げる楽しさ、その成果やチームワークを実感することは、何ものにも代えがたい。

ロイヤルグループに入社後、パチンコセクションの新店立ち上げチームに抜擢された私は、たくさんの苦労や失敗もありましたが、情熱をもって店舗づくりに取り組んできました。

入社3年目には、店長の右腕としてさまざまな業務を任せてもらい、その半年後には店長を任されるようになりました。
店長として常に考えを巡らせているのは、「誰とどんなことを成し遂げるか」「その中で、自分はどうなりたいのか」ということ。
店舗管理やロイヤルグループの風土の構築に関わる立場になったことで、部下やアルバイトスタッフの動きをこれまで以上によく見るようになりました。

多くの方々に愛される店舗にするために、的確な指導やマネージメントをいつも心がけています。

店長としてのおもな仕事は大きく分けて2つあります

まず1つめが、店舗管理業務。自店や競合店の数値分析や検証、予算の作成、広告作成をはじめとした店舗戦略、カウンター景品やイベントの検討、業務の生産性の向上や効率化など、店舗全体の動きをマネージメントしています。

お客様のご来店回数を増やすにはどうすればいいのか。長い時間ご遊技していただくにはどうすればいいのか。
店舗運営にまつわるさまざまなことを検討し、業績向上を図っています。

店舗管理における人材育成では、物事を改善し、組織や人が成長することが何よりも大切だと考えています。
指導や伝達が一方通行にならないよう、部下やアルバイトスタッフの話はしっかりと聞き、私からも深く伝えるようにしています。

そして店長のもう1つの仕事が、組織風土の構築。どういった店舗にしたいか、共通の目的を決めることです。
私の店舗では、元気であること、気持ちよい挨拶ができること、そして楽しく仕事に取り組んでもらうことが重要だと考えています。そのため、部下やアルバイトスタッフの働く様子や顔色、会話などには、いつも気を配っています。

だからこそ、店舗の業績が上がったときや、チームとしての成長を感じたときは大きなやりがいを感じます。

1日のタイムスケジュール
8:00 出勤―
当日の営業の準備
16:00 部下との目標設定面談
9:00 店舗戦略・数値分析 17:00 店舗管理業務
営業データ分析
11:00 商談 18:00 退勤
12:00 休憩    
13:00 部下育成    
14:00 委員会・部会業務
部会長との打ち合わせ
   
       

角田 憲司

2003年度入社

営業部 パチンコセクション
エリアマネージャー

エリアマネージャー Interview
ロイヤルグループのエリアマネージャー

エリアマネージャー。それは今までロイヤルグループには存在しない職位でした。
店長から昇進した私の次の仕事は、ロイヤルグループとしてのエリアマネージャーという新しい仕事を創造していくこと。
そしてそこで確かな足跡を残し、後進に伝えていくこと。
これから始まるチャレンジに胸を躍らせたことを昨日のことのように覚えています。

しかし、ゼロからイチを創っていくことはそう簡単ではありません。なんせ私が寝ていても、私の担当店舗は優秀な店長たちが切り盛りしてくれるのですから(笑)。

そこで本当に久しぶりに、がむしゃらに駆け抜けてきたビジネスライフから足を止め、立ち止まり考えました。

私のロイヤルグループでの存在意義は何なのか。

伝えたい想いは

私はロイヤルグループで働き始めて、15年以上が経過しております。まだ社員数も今の10分の1程しかいない頃に社員になりました。小さな会社だったので、いつも社長の話を隣で聞くことができました。

「いいか、ケンジ。ビジネスにおいて最も大切なことは、仲間たちが伸び伸びと働いていくことだ。」
「いいか、ケンジ。子供は5歳になるまでは、叱らなくていい。ただただ、愛情を注いでやればいい。」

社長からはビジネスはもとより、人生について、子育てについて、男とはどうあるべきかなんてことも教わってきました。
今度はそれを私が後輩たちに伝えていくこと、即ちロイヤルグループが大切にしてきた文化や風土を、担当店舗の若き店長たちに伝えていくことが最初のエリアマネージャーとしての仕事です。

ちょっと変わった仕事かもしれませんが、そんな自分の思う「正しい」に向かわせてくれるロイヤルグループが私は大好きです!

1日のタイムスケジュール
10:00 出勤―
新規出店物件商圏視察
18:00 営業データの確認
12:00 社長・部長と
ランチミーティング
19:00 取引先業者様と会食
13:00 新商品の内覧会に出席 21:00 退勤
16:00 採用プロジェクト
会議参加
   
17:00 担当店舗長との
営業戦略会議
   

野本 真衣

2012年度入社

業務部 人事・採用課
採用担当

採用担当 Interview
未来の仲間の“生き方”にその人以上に向き合う

社員教育や人材配置といった人事管理業務、また、ロイヤルグループの未来の仲間を採用する業務を中心に行っています。

私が担当している採用業務では、「ロイヤルグループで共に活躍する仲間」を採用するために、合同説明会のようなイベントへの出展や会社説明会の開催を計画・運営したり、選考を通してマッチングを図ったりしています。

入社を希望してくださる方に当社のことを深く理解して頂くために、必要不可欠な業務です。

会社説明会や選考の際には、情熱を持って学生さんや応募者の方々に接しています。

ロイヤルグループの入り口として「人」や「雇用」の面から現場を支える

店舗で実際に接客や管理業務などを行うのは営業部ですが、お客様と接する現場の社員やアルバイトスタッフがスムーズに動けるように、教育や雇用の面から尽力するのが、人事・採用課の重要な任務です。それは、ロイヤルグループの業績や社風をよりよくすることにつながります。

現場にとって必要な人材や教育とはなにか、つねに深く考えながら業務に取り組んでいます。就活とは、「生き方選び」だと思います。入社する会社によって、訪れる毎日が大きく変わってきます。だからこそ、採用担当者である私は、常に学生さんや応募者の方々に対して、真摯に向き合わなければならないと考えています。なぜなら、一番大切なことは「入社」ではなく、「その後の活躍」です。だからこそ、上辺だけの選考ではなく、一人の「人」として向き合い、「誰とどんな想いで働き、ともに何を成し遂げたいか」というところまでたどり着きたいと考えています。企業は何事も人で成されています。

「人の関わり」や「採用」に興味を持った方は、ぜひ一緒に語り合いましょう。

1日のタイムスケジュール
09:00 出勤―
業者様と採用進捗
Skypeミーティング
17:00 選考結果データ入力
10:00 イベント企画書作成
(内定者との女子会)
18:00 新入社員研修の課題添削
11:00 移動―
名古屋選考会場へ
19:00 退勤
12:00 採用プロジェクト
チームのメンバーと
ランチミーティング
   
13:00 一次・二次選考